どんな症例にも対応~さとう歯科医院の歯周病治療~

歯周病の治療

当院で行う歯周病治療法

スケーリング

スケーラーと呼ばれる器具を使用して歯や歯の根に付着したプラークや歯石を除去する治療を「スケーリング」と言います。歯石は、唾液に含まれるカルシウムと口腔内の付着物などが石灰化したものであり、歯周病菌をはじめ多くの細菌の温床でもあります。これをスケーリングによって除去することで、歯周病の発生を防ぐのです。
施術後しばらくは歯間に隙間ができたり、歯が長くなったように感じますが、今まで付いていた歯石が取れた証拠ですのでご安心ください。

ルートプレーニング

スケーリング終了後に、歯茎に隠れた部分までをキレイに歯石除去し、歯や根の表面を滑らかにする治療を「ルートプレーニング」と言います。プラークや歯石は、歯茎に隠れた目に見えない部分にも溜まるもの。歯根(ルート)面に付いたプラークや歯石、死んでしまったセメント質などを特殊な器具で除去して表面をツルツルにし、再び汚れや細菌が付かないようにします。

フラップオペレーション

歯周病による歯槽骨(顎の骨)の破壊が大きく、歯周ポケットが深い場合にはスケーリングだけでは歯石をすべて取り除くことはできません。このような場合に、歯肉を切開して露出させた歯根にこびりついた歯石や感染した歯肉などを除去し、歯肉を元の状態に戻す治療を「フラップオペレーション」と言います。

歯周外科治療

遊離歯内移植(Free gingival graft)

歯肉は、遊離歯肉、付着歯肉、歯槽粘膜歯肉の3種に分類できます。この中で最も大切なのは歯周病の進行を防いでくれる付着歯肉です。しかし、付着歯肉はもともと3mmほどしかなく、過剰なブラッシングによって退縮しなくなってしまうこともあります。
歯周病の患者様にもし付着歯肉がなければ、どんなに日常的にブラッシングを行っても歯周病の進行を止めることは困難です。遊離歯肉移植とは付着歯肉を上顎の内側の豊富にある場所から獲得して、歯周病でなくなってしまった患部に移植する手術です。この手術により新たに付着歯肉が再構築されるのです。

根面被覆

根面被覆とは、過度のブラッシングなどにより歯肉が退縮したために審美障害や知覚過敏を起こした場合の治療法で、上顎から歯肉を移植することにより改善を図ります。この治療ではすべてのケースにおいて完全に退縮部を被うことは難しく、歯並びや退縮の度合いにより被覆の割合が決まります。

歯肉弁根尖側移動術

歯肉弁根尖側移動術(アピカリー・ポジションド・フラップ)とは、付着歯肉の増強や歯周ポケットの除去を目的とし、歯肉を切開して歯肉弁を作り、根尖側に移動させて縫合する治療です。付着歯肉が保存できるうえに歯槽骨の形態も修正できるなどの理由から、歯肉切除よりも適応範囲が広いのが特徴です。この治療により、プラークコントロールがしやすくなり、審美性の回復も期待できます。

再生療法

エムドゲイン法

エムドゲイン法は、GTR法と同じく歯周組織の再生を目的としていますが、GTR法がメンブレンという膜を用いるのに対し、エムドゲイン法は、エムドゲイン・ゲルという薬剤を欠損部に注入して歯肉が入り込むのを防ぎ、歯周組織の再生を促します。
GTR法に比べて手術は比較的簡単で、薬剤が再生を促しながら吸収されていくので、後で薬剤を取り除くための手術を必要としません。また、薬剤は世界30ヶ国ほどで使用されていますが、感染症の報告はなく安全性が確立されています。

エムドゲイン法

歯周病に感染した部位を清掃した後、そのままの状態で治癒を待つと、歯周組織が再生する前に歯肉がその部位に入り込んで歯周組織の再生を阻んでしまいます。これを防ぐために、歯周ポケット清掃後にメンブレンと呼ばれる膜を設置し、不要な歯肉が入り込まないよう防御する治療がGTR法です。

神奈川県川崎市宮前区|診療予約|さとう歯科医院