気付いたときにはもう遅い、歯周病の恐怖……

歯周病とは

他人事ではない~あなたの身にも忍び寄る歯周病の恐怖~

様々な全身疾患との関連性が明らかになっている歯周病。その怖さは最近になって徐々に認識されつつありますが、やはり一般的にはそれほど深刻な病気ではないと捉えられているのが現状です。歯周病が怖いのは、痛みがないまま静かに進行していくことです。痛みを覚えて歯科医院に行ったときにはすでに重症になっている、という非常に怖い病気だということをぜひご認識ください。

歯周病と全身疾患について

一見、何の関係もなさそうに思える歯周病と全身の病気。ですが近年、口腔内環境が悪化することで全身の様々な箇所に深刻な影響を及ぼすことが明らかになっています。例えば、歯周病や口腔内の感染症は糖尿病や心臓血管病、早産などとも関係しています。このような、場合によっては死に至るような深刻な病気と関わる歯周病に、日本の成人の約8割がかかっていると言われているのです。しかしながら、多くの人が歯周病は大した病気ではないと考え、たとえかかってもすぐ治ると思っているのではないでしょうか? この認識が最も危険なのです。

歯周病とは一体?

歯は歯茎によって支えられています。そしてその歯茎とは厳密に言うと、歯肉・歯槽骨・セメント質・歯根膜から構成される歯周組織です。この歯周組織に起こる炎症や病気を総称して歯周病と言います。また、歯肉の炎症を歯肉炎、そして炎症がさらに進んで歯肉より深い部分で起こるものを歯周炎と言います。

歯周病悪化の原因

喫煙は歯周病悪化に繋がる最大の要因である!
喫煙は歯周病を悪化させる最大の要因だと言っても過言ではありません。よく喫煙は身体の健康に悪影響を及ぼすと言われていますが、 口腔内にとってもそうなのです。タバコの成分である「ニコチン」「一酸化炭素」が歯 茎の血液循環に障害をもたらし、歯周病菌への免疫力を低下させてしまいます。 また、歯周病の原因となる歯石や歯垢を歯に付着させやすくもします。 歯周病だけでなく、歯が黄ばんだり、歯茎が黒ずんでしまう原因にもなります。 健康な歯茎ときれいな歯を維持するために、喫煙は控えたほうが良いでしょう。
歯列不正
磨き残しの大きな原因となります。口腔内環境改善のためにも矯正治療をおすすめします。
不適合な被せ物や詰め物
不適合な被せ物や詰め物があると、その隙間から菌が入り歯周病を悪化させます。適合した被せ物や詰め物に替えることをおすすめします。

歯周病チェック~こんな症状の方は要注意!~

歯肉がブヨブヨして、口臭が気になる

歯がグラグラして抜けそう

顎やリンパ節が腫れている

食べ物が噛みづらい

歯の根元見えてきた

歯ブラシをするときに痛い

歯ブラシをすると血が出る

神奈川県川崎市宮前区|診療予約|さとう歯科医院