タバコは歯周病を悪化させる、最悪の敵です。

美しい口元を保つために

治療が終わってからが大事です

歯周病は再発が多い病気です。その理由のひとつに治療後のメインテナンスをきちんと受ける習慣が定着していないことが挙げられます。実際に、長期間にわたり歯周病治療を行っていったん健康を取り戻したにもかかわらず、メインテナンスを怠ったばかりに再発してしまい、やむを得ず抜歯した患者様もいます。

歯周病治療の終了直後は、歯周病菌が非常に少なくなっています。また、丁寧だったブラッシングも時間とともにだんだんおろそかになって、徐々に歯周病菌が増殖し再発してしまうのです。

メインテナンスとは、定期的に口腔内を管理することにより歯周組織の健康を維持していくことです。アメリカ歯周病学会では、歯周病のメインテナンスを「歯周病の治療の延長であり、歯周組織に対する定期的評価と予防処置を続けることである。そしてその結果、新しいあるいは再発する異常や疾患を早期に発見し、治療しようとすることである。」として非常に重要なものとして位置付けています。

各種予防法

歯周病予防には、普段のプラークコントロールが何より重要です。歯周病は全身の健康や生活習慣に大きく関係しています。予防・改善していくためには、口腔内環境はもちろん、生活習慣や食生活を見直して、全身の健康状態を整えることが大切です。

定期検診

歯科治療全般において重要なのが定期検診です。虫歯などの治療は一度治療すれば済むように思われますが、それは一時的なものに過ぎません。治療後の入念なケアこそが、さらに健康な口腔内環境を実現し、患者様にとっても将来の負担を軽減することになるのです。

PMTC

自己流のブラッシングにはどうしても限界があります。自分ではすみずみまでキレイに磨いているつもりでも、どうしても磨き残しが生じ、歯にはプラークが付いてしまうものです。

このプラークを取り除くために、歯科医師や歯科衛生士が専門の器具を用いて徹底的に研磨、清掃を行うのがPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)です。特に普段自分で磨くことが難しい歯と歯茎の間や歯間を徹底的にクリーニングします。

TBI

ティース・ブラッシング・インストラクションの略で、歯科医院で行うブラッシング指導のことを言います。ブラッシングの方法はいくつもあり、歯の場所やその人の歯並びなどによって使い分ける必要があります。

大人の患者様にもTBIを行いますが、一番大事なことは小さい頃に習慣付けることです。 小さい頃から正しいブラッシングを身に付けて、虫歯や歯周病にならない歯を作ることが生涯にわたって健康な歯を維持するポイントです。

神奈川県川崎市宮前区|診療予約|さとう歯科医院