インプラント治療手順と骨再生療法

インプラント治療法

インプラント治療の流れ

3iインプラント治療の流れをご説明します。

STEP1 カウンセリング
まず患者様の症状を確認して、その症状によるお悩みや治療へのご要望などを伺います。同時にインプラント治療の概要やメリット・デメリットをご説明します。

STEP2 精密検査
レントゲンなどによる詳細な検査を行い、綿密な治療計画のもとで治療を開始します。

STEP3 一次手術(インプラント埋入)
局部麻酔を行い、歯槽骨(顎の骨)にインプラントを埋め込みます。

STEP4 治療期間
インプラントと歯槽骨との結合が安定するまで待ちます(3~6ヶ月ほど)。この間は、仮歯を使っていただきます。

STEP5 二次手術(人工歯の装着)
インプラントと歯槽骨が完全に結合したら、アバットメント(インプラントと人工歯の連結部分)を取り付け、その上から人工歯を装着します。ここでインプラント治療は完了です。

STEP6 定期検診・メインテナンス
インプラント装着後は、インプラントを長持ちさせるためにご自宅でのケアはもちろん定期検診を受診していただきます。また、インプラントの周囲に、しっかりした歯ぐきを作り、患者さんにとってブラッシングしやすい口腔を整えます。

インプラント治療のための骨再生療法

インプラント治療を行う際、患者様によっては歯槽骨が薄いため治療が困難な場合があります。このような場合には、体の別の骨を移植することでインプラント治療を行えるようにします。以下ではその方法をご紹介します。

サイナスリフト

頬の骨の中は大きな空洞になっていて、そこを上顎洞(サイナス)と言います。サイナスリフトは上顎の骨が薄い場合に骨の厚みを増すために行われる治療です。主に上顎洞と上顎との距離が狭く、ソケットリフトができない場合に採用されます。

上顎洞を覆う粘膜を持ち上げて、上顎の骨との間に隙間を作ります。その隙間に自分の骨か、骨の元になる物質を入れて、骨ができあがるのを待ちます。上顎の骨の厚みがある程度あればインプラント手術と同時に行いますが、骨が薄い場合には先行してサイナスリフトを行い、半年ほど経過して骨の厚みが増してからインプラント手術を行います。

ソケットリフト

ソケットリフトとは、上顎の骨が足りない場合に行われる治療です。歯が抜けた上顎の穴から骨の元になる物質を入れて、少しずつ上顎洞を覆う粘膜を押し上げていきます。押し上げられた粘膜と、その間に詰まった骨の元になる物質の分だけ骨の厚みを増すことができるのです。

GBR

インプラントを埋め込むのに十分な骨の厚みがない場合に用いられる治療法です。骨が不足している部分に膜を用いて骨を作るスペースを用意し、その中に骨の元になる物質を詰めて骨の再生を促します。通常は、インプラント埋入手術前に行うか、またはインプラント手術と同時に行われます。

神奈川県川崎市宮前区|診療予約|さとう歯科医院